苦悩の末、おいしいお弁当を食べることができた

朝から歯が痛く、歯磨きをしてもむず痒いような思いをしていた時の話です。とにかく何をしていても歯が痛いので、昼まで何も食べることができなかったのですが、ふと、「痛み止め」の存在を思い出しました。

市販のもので、家にあるはずでしたが中々見つかりません。部屋中を探しましたがありませんでした。その間も歯は痛みを増し、よけいにイライラしていました。

自分の記憶をたどりながら、ようやくリビングの棚の中に痛み止めの薬の箱を発見することができました。しかし、なんと空でした。

もう最高にイライラしてしまいましたが、直後に仕事に行っていた母が帰宅しました。母は地元では有名なおいしいお弁当を買ってきてくれましたが、歯が痛いので食べることができません。

しかし、なんと母は、お弁当と一緒に、私が探していた「痛み止め」も買ってきてくれたのです。「そういえば痛み止め切れてたな」と思い、気を利かせて買ってくれたんだそう。

母に最高の感謝をし、薬を飲んでから30分後に、歯が痛くない状態でおいしいお弁当を食べることができました。今日ほど母が神様のように思えた日はありません。http://goldirarolloverq.com/